債務整理の無料相談は司法書士か弁護士に相談する事で早めの解決に繋がります。

債務整理という言葉を初めて聞いたという方、そんな方も少なくありません。




自己破産や任意整理、過払い金請求などで、借金返済で辛い思いをされている方が、借金を片付けることが出来るものひっくるめて債務整理と言います。


ですので、債務整理というのは、借金を整理する方法の総称と言うことが出来るでしょう。




債務整理を行った場合は名前がブラックリストに載り、5年間はブラックリストとしての扱いを受けることになり、クレジットカードの新規加入は困難とされています。人によっては、5年が経過する前に作成出来た方もいると聞きました。

絶対条件とも言えるのが、借金を完済されていることがこととされています。信用を取り戻せば、クレジットカードを手にすることが出来ます。




借入額が増えてしまい、自力での返済が出来なくなったとしたら、債務整理の手続きを踏むことになるでしょう。

借金の完済が困難と判断をした人は弁護士や司法書士に話をして下さい。それからは、裁判所という場所で弁護士と債権者、裁判官が債務に関して話し合いを行うことになります。

月々の可能返済額を話し合い、債務整理後の月々の返済額が決定されます。先日、債務整理の1つになる自己破産をチョイスし、トラブルなく処理が出来ました。常に頭の中から離れない返済が間に合わない、このままだと問題が大きくなるという恐怖から解放をされ、精神的にとても穏やかに戻れました。それなら、早い段階で債務整理の手続きを始めるべきでした。

家族には内緒で借り入れをしていたのですが、返済が追い付かなくなり、債務整理を行うことにしました。



とても大きな額になっていたので、返済を続けられなくなりました。話を受けてもらったのは近所の弁護士事務所で他と比較しても相当低料金で債務整理を手伝ってくれました。


借金が膨らんで返済不可になってしまった場合、お金を借りている人は弁護士に頼んで、債権者と交渉を行い、毎月の返済額の調整を行います。


この方法を任意整理と呼んでいるのですが、債務の整理が進む中で銀行の口座を凍結されてしまうかもしれません。


口座にお金が残っているのであれば、預金が債権者に返済金として取られるので、事前に引き出しておくことを勧めます。個人再生の手続きをしても認可してもらえないことも実はあるのです。個人再生の手続きをする際、返済計画案の提出が求められるのですが、裁判所をクリアしなければ認可に至りません。したがって、認可してもらえなければ、個人再生は無理です。借金をなかったことにしてくれるのが自己破産の特徴です。


借金によって追い詰められている人にはかなり嬉しいものではあります。


なのですが、メリットばかりというわけにはいきません。当然ですが、デメリットもあります。


家や車は所有出来なくなります。さらには、10年程度はブラックリストという扱いを受けるので、新しく借金を作ることは不可能です。


任意整理をした場合、任意整理の手続きで交渉に臨んだ金融業者から新規借り入れをすることは無理です。しかし、任意整理の手続き完了後、色々な借入先の借金を完済して、5〜10年何も問題がなければ、信用情報に載った事故の内容が一切なくなりますので、それからは新たな借り入れが出来ます。自己破産を行うと、生活をするのがやっとのレベルのちょっとだけのお金以外は、自分のものではなくなってしまいます。


家や土地などの財産は当然のごとく、ローンを返している車も取られます。

とは言うものの、債務者じゃない人が返済をすることを債権者の了承をもらえればローン返済をこれまで通り行い持ち続けることも出来ます。

債務整理を行うことでダメージを受けることはそう珍しくありません。




債務問題は解決しても、クレジットカードを使用したり、お金を借りるということが、出来なくなります。


つまり、お金を借りるということが出来ないという状況に陥り、現金でしか買い物も出来なくなります。




こうなってしまうとさまざまな弊害が出てきます。



借金の額が膨らんでしまいどうすることも出来なくなったのなら弁護士や司法書士からアドバイスを受けましょう。


返済が困難という場合は自己破産をすることになるでしょう。しばらくの間は海外旅行が出来ないなどの制限が起こりますが、借金は一切なくなります。


個人再生という方法で進めるのであれば、安定をした収入があるということが条件になってきます。

何社もの金融機関から融資を受けてカードローンも利用していると、一カ月に支払う返済額は想像以上に大きく、経済的に問題が生じてしまったとすれば、債務整理で自分のローンを1つに集約させて月の支払額を思った以上に減らすことが出来るという良い方向へとはたらいてくれます。個人再生にはいくつかの不利にはたらくことがあります。




最も大きなのは費用がかなりかかるという面で減額分より弁護士の報酬が高くなるパターンもあるとのことです。


付け加えて、このパターンになると手続きに長期間を要するので、減額の手続きへ至るまでにかなりの時間を必要とすることも多いようです。




債務調査票は、債務整理時にお金をどこから借りているか正しい情報が文書なのです。




借入先の金融機関で作成してもらえます。闇金の場合は作成してもらえないかもしれませんが、その際には、ご自分で文書を用意してもらえば大丈夫なのです。

ホーム RSS購読